パウダーコート・ガンコート

KG GUN-KOTE

gunkotekan.jpg

アメリカ軍の指定塗料でもあるKG GUN-KOTE は、9Hという圧倒的な表面硬度を誇り、驚異の耐薬品性と高放熱効果を兼ね備えた次世代コーティングです。 その抜群の性能は2輪4輪を問わず多くのモータースポーツ界から支持を受けています。

適材適所、パウダーコートと合わせ過酷な環境のクルマをを長く美しく魅せてくれます!

カラーバリエーションが充実しているのも特長です。特殊品や大きな商品への施工などでも、お気軽にお問い合わせください。

main-pickup-banner04.jpg


また、こちらにはガンコートの施工事例を掲載しています。ぜひ、ガンコートのクオリティを確認してみてください!


パウダーコーティング

powder-coating01.jpg
powder-coating02.jpg
powder-coating03.jpg

美しく強い塗装面の実現

一般的に行われる塗装は、シンナー系の溶剤に顔料を溶かし、吹き付ける塗装なりますが、パウダーコーティングは粉状の顔料を吹き付け、約180℃の温度で定着、安定させる事により、均一でしかも厚い塗装膜を形成することができます。

一般的な塗装膜の約5倍~10倍の厚さがあり、下地の小さなキズやへこみも埋まって滑らかになってしまうほどの頼もしいカバー力、強度(硬さ)があります。また、紫外線による色あせにも強いです。そのため、こすれる場所や跳ね石、飛び石などによる物理的な衝撃にも強い耐久性を持ち、タイヤチェンジャーなどでもびくともしない塗装面を実現し、美しい塗装をいつまでも続かせることができます。

フレームやホイール、スプリングに最適です。また、トップブリッチやボトムケース、エンジンカバーやレバーハンドルなどもオススメしています。

いつもきれいな塗装面

ホイールを掃除するときに厄介な、塗装面にこびりつくブレーキパットのカスや、チェーンオイルなどのしつこい油れ程度では、少量の灯油をしみ込ませた布でふき取ることで元の塗装面の輝きを取り戻すことができます。
パウダーコートと弊社標準で施されるクリアコートをしていればガラスコートなどの必要はないほど長期間美しい塗装面を保つことが可能です。

いつまでも新品の輝き

最初は美しかったホイールやスイングアームも、長年の使用による塗装の劣化、飛び石や縁石への接触などによる塗装のはがれ、アルミ自体の腐食など年月が経てば痛んできてしまいます。
刻々と進む酸化からしっかり守ってあげることが、中古ホイールを長く安全にご使用していただく上での最善なケアだと当社は考えます。

お手入れ方法

通常のお手入れには、水と中性洗剤をしみこませた雑巾や布などで汚れをふき取ってください。
ほとんどの汚れはこちらの方法で落とせますが、チェーンオイルなどの油汚れに対しては、灯油をしみこませた雑巾でふき取ってください。簡単に汚れが落ちます。


※ガソリンやパーツクリーナー、シンナーなどの揮発性の高い物は使用しないで下さい。
これらを継続的に使用して汚れを落としていると、つやが無くなっていきます。長く美しさを保つ為に、なるべく使用しないで下さい。
特にシンナーに関しては、塗装面を著しく痛めますのでご注意下さい。