2018年10月

3D ピロアッパーマウント キャスター調整 可能

プロフェッサーオートサービス&GP SPORTSの和智です。

 

 

プロフェッサーオートサービス オリジナルパーツの一つである3Dピロアッパーマウント。

 

キャンバー角とキャスター角が調整可能なアッパーマウントです。

 

テンションロッドでキャスター角を調整するとホイールベースの変化が大きく、

ドリフト車両はフルカウンター時にタイヤがボディー等に干渉する事があります。

 

アッパーマウントでキャスター調整すればホイールベースの変化させないで調整可能となります。

左右入れ替える事で寝かす方向にも、立てる方向にもかなりの角度調整可能。

 

バカ売れはしていませんがコンスタントに売れている商品です。

 

もちろん海外ではなく、日本で製作しています。

 

昔はH○Sさんで売ってたんですがね・・・・

 

在庫、あと数台分ありますので、お探しの方は是非

 

 

 

 

 

今週末は、新潟ドリフト超天国 開催!!

いよいよ今週末20日(土)、21日(日)

新潟・三条市のGP SPORTSで「新潟ドリフト超天国」開催です!!

 

ドリフト、チューニングパーツを取り扱うメーカー&ショップが大集合!!

 

普段では絶対ありえない超天国大特価!!

 

大売り出し!!

 

今週末是非、新潟・三条市のGP SPORTSに来て下さい!!

 

ゲストでのむけんサン、まなPサンが来てくれます!!

 

遊びに来るだけでも楽しいので、お近くの人も遠方の人も来て下さいね~!!

 

駐車場あるので車でお越しください!!

 

新幹線の燕三条駅からも徒歩10分位です!!

 

お待ちしてます!!!

 

 

レクサス RCF ワンオフマフラー製作

プロフェッサーオートサービス&GP SPORTSの和智です。

 

 

 

 

私が所有するレクサス・RCFのワンオフマフラーを自社のマフラー工場で製作しました

 

 

 

弊社が他社のワンオフマフラー製作工場と大きく異なる点は、

パイプの曲げからタイコの中身まで全て自社で設計製作を行っています。

 

大型のパイプベンダーは2台完備!

なので、ワンオフの微妙な曲げ加減も実現出来ます!

 

 

 

 

パイプも色々取り揃えています。

 

 

 

 

構想から製作まで全てワンオフマフラーのスペシャリスト田中くんが担当。

 

 

 

 

 

難しい溶接は、溶接職人のケンちゃんがやっています。

 

 

 

 

 

中間パイプの接合部分。

音質やトルクの出し方にも重要な箇所。

 

芸術です。。。

 

 

 

 

 

 

リヤのタイコ分岐箇所。

溶接の素晴らしさをご覧ください。

マフラーは通常走ったりしていると見えませんが、

ワンオフマフラーを作るならここら辺も拘りたいですよね!

 

 

 

 

 

 

中間タイコは、少し小さめで製作。

中身は絞り無くストレート構造。

 

 

 

 

 

 

 

 

リモコン式、消音&爆音切り替えバルブ装着。

このバルブは壊れる可能性があるので脱着できるように製作。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイコは左右2個づつ装着。

内側が爆音タイコ、外側が消音タイコ。

当然タイコの内部構造も拘ってワンオフ製作。

 

 

 

 

 

どうですか!!

このクオリティー!!

性能や音質は当然重要ですが、

弊社は仕上がりも重要視しています、

 

 

お問い合わせはプロフェッサーオートサービスもしくはGP SPORTSまで!!

お待ちしてます。